大殿筋

基本情報

起始浅部線維:腸骨稜、上後腸骨棘、腰背腱膜、仙骨、尾骨
深部線維:腸骨外面で後殿筋線の後方、仙結節靱帯、中殿筋の腱膜①
停止浅部線維:腸脛靭帯
深部線維:大腿骨殿筋粗面①
支配神経下殿神経①
髄節レベルL5~S2①
作用股関節伸展・外旋
上方線維:股関節外転
下方線維:股関節内転 ①

関連情報

・大殿筋は股関節の内転、外転軸を大きく上下に覆う筋肉であり、機能上大きく上方線維と下方線維に分類する。 ②

・大殿筋の坐骨結節に対する位置関係は姿勢により変化する。すなわち、立位では坐骨結節は完全に覆われるが、座位では覆われない。 ②

・大殿筋はハムストリングスと協同して股関節の伸展に作用する。併せて股関節外旋にも関与する。 ②

・大腿骨を固定した状態では、骨盤の後傾に作用する。 ②

・大殿筋は腰背筋膜の緊張を調節し、間接的に腰部の安定化に関与する。 ②

・大殿筋の上方線維は股関節伸展以外に、股関節外転作用を有している。 ②

・大殿筋の下方線維は股関節伸展以外に、股関節内転作用を有している。 ②

・大殿筋は歩行周期中の踵接地期によく働く。これは、踵接地期に生じる骨盤、体幹の前方への屈曲力(慣性力による作用)に対抗するための筋活動である。 ②

・中殿筋が股関節における左右方向の安定化に強く関与するのに対し、大殿筋は股関節の前後方向の安定化に関与する。 ②

・大殿筋麻痺のケースでは、体幹を後方へ大きく反らし、重心を股関節の後方においたまま歩行する。これを大殿筋歩行という。 ②

・大殿筋歩行では慣性力により生じる股関節屈曲を制動できないため、歩行スピードは極端に遅いのが特徴である。また坂道の昇りでは跛行が著明となる。 ②

・先天性股関節脱臼の未整復例であっても歩行は可能だが、このときの骨頭は大殿筋内にあり、その緊張に骨頭の支持が委ねられる。 ②

・スプリンターのスタートダッシュにおけり大殿筋、ハムストリングスの機能は大変重要であり、ダッシュ力アップのためには強化すべき筋肉の一つである。 ②

・大腿切断に対する義足において初期屈曲角を設定するのは、義足歩行の際に大殿筋を伸張位に保持し、その機能を発揮しやすくするためである。 ②

・野球のバッティングやゴルフなど体幹の回旋動作を多く含んだ競技では、大殿筋の拘縮により骨盤の回旋量が減少すると、腰椎における回旋運動の代償が入り、腰椎や脊椎分離症の大きな要因となる。③

・関連疾患:大殿筋麻痺、変形性股関節症、大腿骨頸部骨折、先天性股関節脱臼、大腿切断、デュシャンヌ型筋ジストロフィー症、脊椎分離症、慢性腰椎症など。②

・大殿筋は胸腰筋膜を経て、同側の多裂筋と混ざる。また胸腰筋膜を経て対側の広背筋と混ざる。④⑥

・大殿筋のモーメントアームは中殿筋と同様に股関節の肢位に応じて大きく変化し、屈曲角度の増加に応じて外旋のモーメントアームは減少した⑦⑧

・股関節伸展のモーメントアームについて、骨格筋モデルを用いたシミュレーションの結果、股関節屈曲角度の増加に応じて大殿筋のモーメントアームは減少し、ハムストリングス大内転筋のモーメントアームはともに増大した。これと対応するかのように、伸展モーメントも同様の傾向を示した。⑦⑧

→すなわち、股関節屈曲角度の上昇に伴い、殿筋の貢献度が低下し、内転筋群の貢献度が増加した。⑨⑩

・Sahrmannら⑮⑯は骨格筋モデルを用いたシミュレーションによって、大殿筋の出力低下がハムストリングスの代償的な出力の増加と、大腿骨頭にかかる前方への力の増加を招くことを示し、大殿筋の股関節安定化作用があることを示した。 

・一側の大殿筋の収縮は胸腰筋膜を介して対側の広背筋に伝達され、両側の仙腸関節を圧迫する。これが歩行の立脚相において持続的に得られることにより、切れ目のないフォースクロージャ―が得られる。④

・大殿筋の収縮不全や股関節伸展可動域制限、同側の胸腰筋膜への異常な緊張伝達は、フォースクロージャ―による仙腸関節安定化メカニズムを障害する。④

・Vanwingerdenらは、仙腸関節のスティッフネスには、脊柱起立筋、大殿筋、大腿二頭筋の筋活動が貢献することを報告した。⑤⑪

・Barkerらは、大殿筋の生理学的筋横断面積から仙腸関節への圧迫力を算出した。大殿筋の線維束の70%が仙腸関節を横走することに基づくと、大殿筋による仙腸関節の圧迫力は955Nと算出され、そのうちの14%は胸腰筋膜を介して仙腸関節の安定性に貢献していた。⑤⑫

ハムストリングスに対して大殿筋の筋出力が不良な場合では、膝伸展位での股関節伸展運動に膝関節の屈曲運動が伴うことや、ハムストリングスの収縮が大殿筋よりも早期に生じることがある。特に大殿筋の活動が低下した場合では、股関節伸展運動に伴い大腿骨頭の前方変位が生じることが報告されている。⑬ 大殿筋の筋出力が低下している場合では、ハムストリングスおよび腰部脊柱起立筋の活動を抑制し大殿筋の出力を高めることが必要となる。

・角度の変化で大殿筋の上部線維、下部線維に分けてトレーニングする。上部線維は股関節屈曲角度が増えるにつれて外旋作用が減弱するのに対して、下部線維は股関節屈曲角度が増えても外旋作用は比較的保たれる。⑭

引用文献

①林典雄 監修,鵜飼建志 編著:セラピストのための機能解剖学的ストレッチング 下肢・体幹 第1版,2019

②林典雄 執筆:改訂第1版 運動療法のための機能解剖学的触診技術‐下肢・体幹,2007

③渡會公治,ほか:ゴルフによる体幹部のスポーツ障害.臨床スポーツ医学,11(2):151-148,1994

④福林徹 蒲田和芳 監修:骨盤・股関節・鼠径部のスポーツ疾患治療の科学的基礎,2013

⑤福林徹監修,蒲田和和芳編集:脊柱疾患のリハビリテーションの科学的基礎,第1版,2017

⑥chow dh,luk kd,leong jc,woo cw:torsional stability of the lumbosacral junction.significance of the iliolumberligament.spine.1989;14:611-5.

⑦blemker ss,delp sl:three-dimensional represenlation of complex muscle architectures and geometries.ann biomed eng.2005;33:661-73.

⑧nemecth g,ohlsen h:in vivo moment arm lengths for hip extensor muscles at different angles of hip flrexion.j biomech.1985;18:129-40.

⑨hoy mg,zajac fe,Gordon me:a musculoskeltal model of the human lowet extremity:the effect of muscle,tendo,and moment arm on the moment-angle rerationshio of musculotendon actuators at the hip,knee,and anklre.j biomech.1990;23:157-69

⑩ward sr,winters tm,blemker ss:the architectural design of the gluteal muscle group:implications for movement and rrehabilitation.j orthop sports phys ther.2010;40:95-102.

⑪van wingerden jp,vleeming a,buyeuk hm,raissadat k.satabilization of the sacroiliac joint in vivo:verification of musculay contribution to foece closure of the pelvis.eur spine j.2004;13:199-205.

⑫baraker oj,hapuatachchi ks,ross ja,sambaiew e,ranger ta,briggs ca.anatomy and biomechanics of guluteus maximus and the thoracolumbar fascia at the sacroiliac joint.clin anat.2014;27:234-40.

⑬lewis cl.et al:anterior hip joint force increases with hip extension.decreased gluteal iliopsas force j biomech.40⒃.3725-3731.2007

⑭delp sl.et al:variation of rotation moment arms with hip flextion.j biomech.32⑸.493-501

⑮lewis cl,sahrmann sa,moran dw:anterior hip joint force increases with hip extension,decreased gluteal force,of decreased iliopsoas force,j biomech.2007;40:3725-31.

⑯sahrmann sa:diagnosis andtreatment of movement impairment syndromes,mosby.2001.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です