円回内筋

基本情報

起始上腕骨内側上顆、尺骨鉤状突起の内側面①
停止橈骨中央外側①
支配神経正中神経①
髄節レベルC6~C7①
作用肘関節屈曲、肘関節外反防止作用、前腕回内①

関連情報

・起始が上腕頭と尺骨頭に分かれ、その筋間を正中神経が通過する。②

・円回内筋の筋腹には、停止腱より広がった扁平な筋内腱があり、この筋内腱に対し筋線維が合流する羽状筋構造をもつ。②

・肘関節を屈曲し回内する。②

・肘関節の外反負荷には、動的なスタビライザーとして制動する。②

・円回内筋の過剰な攣縮や瘢痕形成により、正中神経が絞扼されて生じる正中神経麻痺を円回内筋症候群とよぶ。②

・投球障害肘で最も多い内側型は、加速期における過度な外反負荷が原因で生じる。このような症例の前腕屈筋群で最も圧痛が強いのが円回内筋である。⑵

・円回内筋症候群(正中神経高位麻痺)、内側型投球障害肘、肘関節屈曲拘縮など。②

・肘関節内側には、円回内筋、橈側手根屈筋(FCR)長掌筋FCU(尺側手根屈筋)FDS(浅指屈筋)が存在する。FCUは鈎状結節、FDSは鈎状結節前方とAOL前方の関節包に付着する。③ またFCUは鈎状結節、FDSは鉤状結節内側に付着し、それぞれAOL(前斜走線維)尺骨付着部側に線維性の連続がある。④ また、円回内筋、FCUFDSは内側上顆にも筋線維として付着部をもつ。④ さらに、円回内筋上腕頭とFCR(橈側手根屈筋)長掌筋FDSの筋間中隔は前方共同腱を作り、FCUFDSの筋間中隔は後方共同腱を作り、AOL前方および後方にも付着しながら内側上顆まで付着する。③④⑤ 前方共同腱は後方共同腱より厚く、AOLの組織学的な形態やコラーゲン線維の密度が類似する。④ 円回内筋、FCRFCUFDSは肘関節内反制動機能を有する。⑥ さらに、FCUFDSの筋張力を負荷することで、外反トルク負荷時の外反角度⑦⑧、UCL(AOL、POL、横走線維)の歪み⑨、関節裂隙開大距離が減少することから⑩、肘内側筋群のなかでも動的肘外反安定性の貢献度が高いと考えられる。⑪

・動的な肘関節外反制動機能として、肘関節内側に存在する円回内筋、橈側手根屈筋(FCR)FCUFDSがある。⑦⑧⑨ 近年、AOLを円回内筋、FDSFCU上腕筋の共同筋膜を裏打ちする組織としてとらえることが提唱され⑤、より動的な安定化機構を一役を担う組織として注目されている。円回内筋上腕頭とFCR長掌筋FDSの筋間中隔は前方共同腱をつくり、AOL前方に連続し、FCUとFDSの筋間中隔は後方共同腱をつくり、AOL後方に連続する。③⑤ 尺骨鈎状結節のレベルではこれに上腕筋も加わり、前方および後方、近位および遠位方向より各筋の腱成分が船の帆のようにAOLを緊張させることで、肘関節内側を安定する構造となっている。⑤

引用文献

①林典雄 監修,鵜飼建志 編著:セラピストのための機能解剖学的ストレッチング 上肢 第1版,2016

②林典雄 執筆:改訂第1版 運動療法のための機能解剖学的触診技術‐上肢,2012

③otoshi k.et al:the proximal origins of the flexor-pronator muscles ant their role in the dynamic stabilization of the elbow joint:an anatomical study.surg radiol anat.36(3):289-294.2014.

④frangiamore sj.et al:qualitative and quantitative analyses of the dynamic and static stabilizers of the medial elbow:an anatomic study.am j sports med.46(3):687-694.2018.

⑤hoshika s.et al:medial elbow anatomy:a paradigm shift for ucl injury prevention and management clin ant.32(3):379-389.2019.

⑥an kn.et al:muscles across the elbow joint:a biomechanical analysis j viomech.14(10):659-669.1981.

⑦park mc.et al:dynamic contributions of the flexor-pronator mass to elbow valgus stability j bone joint surg am.86(10):2268-2274.2004

⑧udall jh.et al:effects of flexor-pronator muscle loading on valgus stability of the elbow with an intact.stretched.and resected medial ulnar collateral ligament j shoulder elbow surg.18(5):773-778.2009.

⑨lin f.et al:muscle contribution to elbow joint valgus stability.j shouldr elbow surg.16(6):795-802.2007.

⑩otoshi k.et al:ultrasonographic assessment of the flexor muscles as a dynamic stabilizer of the elbow against valgus force Fukushima j med sci.60(2):123-128.2014.

⑪編集 坂田淳:肘関節理学療法マネジメント 機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く,2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です