長掌筋

基本情報

起始上腕骨内側上顆①
停止手掌腱膜①
支配神経正中神経①
髄節レベルC7・C8・T1①
作用肘関節屈曲、前腕回内、手関節掌屈①

関連情報

・手関節掌側で観察される長掌筋腱は、その他の屈筋腱をかくにんするうえで重要なランドマークとなる。 ②

・長掌筋腱の橈側には橈側手根屈筋腱、尺側には浅指屈筋腱、浅指屈筋腱の尺側に尺側手根屈筋腱が走行している。 ②

・長掌筋が先天的に欠損する例は比較的多く、その欠損率は4~16%といわれている。③④

・長掌筋は手掌腱膜に緊張を加えつつ、手関節の掌屈に作用する。また肘関節の屈曲ならびに前腕の回内にも補助的に作用する。 ②

・長掌筋は手関節屈筋の一つであるが、欠損例においても特に機能障害を呈することはなく、臨床的には手関節屈曲の補助筋として扱ったほうが妥当である。 ②

・長掌筋腱は非常に長い腱を有しており、陳旧性肘関節不安定症例に対する再建材料として、また、屈筋腱損傷、伸筋腱損傷では、断端部に大きなギャップが生じた場合などの移植に用いられる。 ②

・内側型投球障害肘では、長掌筋の筋腹に強い攣縮と圧痛を呈する例が多い。 ②

・関連疾患:長掌筋腱断裂、正中神経麻痺、投球障害肘、屈筋腱損傷、伸筋腱損傷、陳旧性肘関節不安定症など。②

引用文献

①林典雄 監修,鵜飼建志 編著:セラピストのための機能解剖学的ストレッチング 上肢 第1版,2016

②林典雄 執筆:改訂第1版 運動療法のための機能解剖学的触診技術‐上肢,2012

③森於菟ほか:分担 解剖学,金原出版,1982

④Thompson nm.et al:absence of the palmaris longus muscle:a population study.ulster med j 70(1):22-24.2001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です