回外筋

基本情報

起始上腕骨外側上顆、尺骨回外筋稜、外側側副靱帯、橈骨輪状靭帯②
停止橈骨上部(橈骨粗面と回内筋結節の間)②
支配神経橈骨神経②
髄節レベルC5・C6②
作用肘関節伸展、前腕回外②

関連情報

・前腕の背側筋群の深層に位置し、橈骨に巻く付くように停止する。②

・橈骨神経深枝は浅枝と分かれたあと、フローゼのアーケードより回外筋内に入り貫通する。その後は各指の伸筋を支配する。②

・肘関節の伸展とともに前腕を回外する。②

・橈骨輪状靭帯に付着する回外筋は、回外運動時に橈骨輪状靭帯の緊張を高め、外側の支持性を高める。②

・回外運動には回外筋意外に、上腕二頭筋が関与する。回外筋固有の筋力を評価するときには、肘関節を最大に屈曲し、上腕二頭筋の働きを排除することで、ほぼ回外筋単独の筋力が把握することができる。②

・回外筋を貫通する橈骨神経深枝はしばしばこの部分で絞扼され、後骨間神経麻痺が生じる。これを一般に回外筋症候群という。②

・回外筋症候群(後骨間神経麻痺)、前腕回外拘縮、上腕骨外側上顆炎など。②

引用文献

①林典雄 監修,鵜飼建志 編著:セラピストのための機能解剖学的ストレッチング 上肢 第1版,2016

②林典雄 執筆:改訂第1版 運動療法のための機能解剖学的触診技術‐上肢,2012

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です