半膜様筋

基本情報

起始坐骨結節①
停止脛骨内側顆部から後部、斜膝窩靱帯、膝窩筋腱膜、膝後方関節包、後斜靱帯、内側半月板①
支配神経坐骨神経脛骨神経部①
髄節レベルL4~S2①
作用股関節内転・伸展・外旋、膝関節屈曲、下腿内旋①

関連情報

半腱様筋は文字通り下半が長い腱となり、半膜様筋の上を走行する。 ②

・股関節の伸展ならびに膝関節の屈曲に強力に作用する。 ②

・股関節内転にも補助的に作用する。 ②

半腱様筋、半膜様筋とも下腿の内旋に作用するが、その作用は半腱様筋の方が強い。 ②

・下肢を固定すると骨盤後傾する。この作用は歩行時の踵接地時に生じる股関節の屈曲モーメントを制動し、体幹の直立対の保持に役立つ。 ②

・半膜様筋は、膝関節屈曲時の内側半月や後方関節包の挟み込みを防止し、円滑な屈曲運動を誘導している。 ②

・tight hamstrings(ハムストリングス拘縮)は、立位での体前屈時において骨盤前傾の制限因子となり、屈曲型腰痛の原因となる。 ②

・走行時の急制動では、膝関節伸展位で股関節の過屈曲が強要されるため、半腱様筋や半膜様筋の肉離れが生じやすい。 ②

・下腿義足症例の歩行において内側ホイップが出現するとき、義足のアライメントに問題がなければ、半腱様筋、半膜様筋の筋力低下が疑われる。 ②

・他動的に膝関節屈曲した際に膝窩部に疼痛を訴えるケースでは、内側半月板や関節包のインピンジメントに原因がある場合が多く、半膜様筋の収縮を伴った自動介助運動が有効である。②

・関連疾患:慢性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、 tight hamstrings(ハムストリングス拘縮)、ハムストリングス肉離れ、前十字靱帯損傷、鵞足炎、下腿切断など。②

・内側半月板後角には半膜様筋腱の複数ある停止腱の一部が、後斜靱帯や後方関節包を介して付着する。膝関節屈筋が半月板の後方に付着することから、膝屈曲時には半月板は後方に牽引され、半月板が大腿骨と脛骨の間に挟まれることないスムースな膝の運動が可能となっている③

引用文献

①林典雄 監修,鵜飼建志 編著:セラピストのための機能解剖学的ストレッチング 下肢・体幹 第1版,2019

②林典雄 執筆:改訂第1版 運動療法のための機能解剖学的触診技術‐下肢・体幹,2007

③監修 福林徹ら膝疾患のリハビリテーションの科学的基礎 第1版.2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です