腸骨筋

基本情報

起始腸骨内側面の腸骨窩①
停止大転子小転子①
支配神経大腿神経①
髄節レベルL1~L4①
作用股関節屈曲、腰椎同側側屈①

関連情報

・股関節内外旋軸のほぼ軸上を通るため、内外旋作用はほとんどない①

・腸骨筋と大腰筋は小転子に停止する手前で互いに筋線維を交叉し合うことから腸腰筋として扱われることが多い。 ②

・スカルパ三角のレベルでは、大動脈より外側に位置する。 ②

・腸腰筋は股関節の屈曲を行う最も重要な筋肉である。回旋に関する間よは報告によりまちまちであり、意見の一致をみていない。 ②

・大腿骨を固定すると腸骨筋は骨盤を前方へと引っ張り(前傾)、大腰筋は腰椎を前方に引き、前弯を維持する。 ②

・股関節の過伸展時には、骨頭の前方不安定性に対し腸骨大腿靱帯、恥骨大腿靱帯とともに制動し支持する。 ②

・股関節屈曲拘縮の主要因となる。その検査にはトーマステストが有名である。 ②

・腸腰筋の拘縮は腰椎の代償的前弯を引き起こし、しばしば腰痛の原因となる。 ②

・腰部脊柱管狭窄症にみられる馬尾性間欠性跛行では、腸腰筋の拘縮による二次的腰椎の前弯が、下肢症状の発現に関与しているケースが多い。 ②

・腸腰筋トレーニングによるバランス機能の改善効果が報告されている。③

・陸上選手においては、走行時のストライドの延長と腸腰筋機能との関係が注目されている。 ②

・関連疾患:股関節屈曲拘縮、慢性腰痛、脊柱管狭窄症、変形性股関節症、化膿性腸腰筋炎、腸恥包炎など。②

・最も強力な屈筋として長い収縮距離をもち、直立姿勢、歩行、歩行において重要な筋である。④

・腸腰筋は、遅筋(赤筋、タイプⅠ筋線維)の割合が高い典型的な姿勢筋であるが、もともと病的な萎縮を起こしやすい筋(日常生活で座位姿勢が長かったり、慢性的に動けない高齢者で著明)正常な機能を保つためには定期的なストレッチ運動が必要である④

・腸腰筋の両側の機能低下あるいは麻痺では、たとえ腹筋に障害がなくても、仰向けの姿勢から上肢の助けを借りずに体幹を起立させることが不可能になる。④

・Hoyら⑥は、股関節屈曲0~30°では腸腰筋に加えて長短内転筋も屈曲モーメントに寄与すること、そして屈曲角度が増加するに従って長短内転筋の貢献度が低下し、腸腰筋の貢献度が増すことを見出した。同様にYoshioら⑦は、腸腰筋が45~60°で最も効果的な屈筋機能を有すると報告した。⑤

引用文献

①林典雄 監修,鵜飼建志 編著:セラピストのための機能解剖学的ストレッチング 下肢・体幹 第1版,2019

②林典雄 執筆:改訂第1版 運動療法のための機能解剖学的触診技術‐下肢・体幹,2007

③森田暁,山崎敦:大腰筋エクササイズが重心動揺に与える影響.The journal of Crinical Therapy,4:26-30,2001

④監訳 坂井建雄,松村讓兒プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系,2007

⑤福林徹 蒲田和芳 監修:骨盤・股関節・鼠径部のスポーツ疾患治療の科学的基礎,2013

⑥編集 永井聡 対馬栄輝:股関節理学療法マネジメント 機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く,2021

⑦hoy mg,zajac fe,Gordon me:a musculoskeltal model of the human lowet extremity:the effect of muscle,tendo,and moment arm on the moment-angle rerationshio of musculotendon actuators at the hip,knee,and anklre.j biomech.1990;23:157-69

⑧Yoshio m,nurakami g,sato t,sato s,noriyas s:the function of the osas majoe muscle:passive kinetics and morphological studies using donated cadavers.j orthop sci.2002;7:199-207.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です