母指対立筋

基本情報

起始大菱形骨、屈筋支帯①
停止母指の中手骨の橈側縁①
支配神経正中神経①
髄節レベルC6・C7①
作用母指CM関節内転・屈曲・回外①

関連情報

・母指対立筋は母指球の深層に位置する筋で、表面は短母指屈筋短母指外転筋により覆われているが、母指球の最橈側縁では直接筋腹を観察できる。 ②

・母指対立筋は、母指CM関節の対立運動に作用する。その他の母指球筋も対立運動に補助的に関わるものの、正確な対立運動は母指対立筋があってはじめて達成される。 ②

・陳旧性の正中神経麻痺に対する整形外科的な再建術の多くは、母指対立機能の再獲得がその目的とされる。 ②

・母指と小指の対立動作を行わせ、これを指先よりみたときに、それぞれの指の長軸が一直線上に位置していれば正しい対立運動と考えてよい。これが乱れているようであれば母指対立筋の筋力低下があるが、母指CM関節の拘縮が考えられる。 ②

・関連疾患:前骨間神経麻痺(正中神経高位麻痺)、手根管症候群(正中神経低位麻痺)、母指内転拘縮、母指CM関節症など。②

引用文献

①林典雄 監修,鵜飼建志 編著:セラピストのための機能解剖学的ストレッチング 上肢 第1版,2016

②林典雄 執筆:改訂第1版 運動療法のための機能解剖学的触診技術‐上肢,2012

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です