短母趾屈筋

基本情報

起始立方骨、外側楔状骨、長足底靱帯①
停止外側腹:外側種子骨を介して母趾①
内側腹:内側種子骨を介して母趾①
支配神経内側足底神経①
髄節レベルL5・S1①
作用中足部横アーチ形成、内側縦アーチ形成、母趾屈曲①

関連情報

・短母趾屈筋は、母趾MTP関節を屈曲させる。②

母趾外転筋短母趾屈筋母趾内転筋は、母趾中足骨折の内転、回外を制動し、前足部横アーチを保持する。②

・前足部横アーチが低下し、フットプリント上第2・3中足骨頭部に圧の集積がみられる症例では、母趾外転筋をはじめとする母趾球筋群の筋力低下を認める。③④

・外反母趾の症例では、母趾球筋の筋力低下に伴う母趾中足骨の過内転が、外反母趾角の伸展に関与している。②

・母趾球筋への筋力トレーニングは、足関節を底屈位で行うと長母趾屈筋の関与を排除でき効果的である。②

・関連疾患:外反母趾、開帳足、中足骨頭部痛、足底胼胝、偏平足障害など。②

引用文献

①林典雄 監修,鵜飼建志 編著:セラピストのための機能解剖学的ストレッチング 下肢・体幹 第1版,2019

②林典雄 執筆:改訂第1版 運動療法のための機能解剖学的触診技術‐下肢・体幹,2007

③林典雄,鵜飼建志,ほか:足底挿板が足部内在筋に及ぼす影響について.日本技師装具学会誌,16(4):287-290,2000

④林典雄,橋本貴幸,ほか:舟状骨パッドが足幅に及ぼす影響について.日本義肢装具学会誌,19(3):228-232,2003

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です