胸最長筋

基本情報

起始仙骨、腸骨稜(腸肋筋と同一の腱膜を介する)、腰椎の棘突起、下位胸椎の突起①
停止第2~第12肋骨、腰椎の肋骨突起、胸椎の横突起①
支配神経第1頸神経~第5腰神経の各後枝の外側枝①
髄節レベル
作用体幹同側側屈、伸展、同側回旋①

関連情報

・傍脊柱背側に存在する脊柱起立筋として、外側に腸肋筋、中央に最長筋、内側に多裂筋などが位置する。これらの筋は、腰部において脊柱起立筋腱膜によって覆われる。②③

・腰部において腸肋筋と最長筋の間は腰部筋間腱膜で分けれられる。②③④

引用文献

①林典雄 監修,鵜飼建志 編著:セラピストのための機能解剖学的ストレッチング 下肢・体幹 第1版,2019

②福林徹監修,蒲田和和芳編集:脊柱疾患のリハビリテーションの科学的基礎,第1版,2017

③bogduk n.a reappraisal of the anatomy of the human lumbar erector spinae.j anat.1980;131(pt3):525-40

④daggfedt k,huang qm,thorstensson a.the visible human anatomy of the lumbar erector spinae.spine(phila pa 1976).2000;25:2719-25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です